畑の伝言板~ブルーベリー農家のふたり言~

岩手県遠野市でブルーベリーを栽培している2件の農家「とおのブルーベリーファーム」による栽培日記や日々雑感、 遠野の観光情報、歳時記など飽きないていどにやんべに書いてみるブログ。まんず読んでがんせ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業は自然とつきあうこと




遠野もようやく梅雨入りしました。
と言っても梅雨を実感できるくらい雨が降っているわけでもないのです。

なんとなく無理矢理曇り空だから梅雨にしました、っていう入梅な気がします。

発表を出す気象庁のアタマの良い人たち(コンピューター?)よりもたぶんきっと天候に敏感な農家のしたづ(人たち)はお天道様を憂いています。
それこそ田圃に「水がコネー!」とか昔なら血を見るくらいの会話がけっこう聞こえます。

でもってブルーベリーにとってもちょっと辛いのがお日様があまり出てくれないこと。
2~3日ザーッと降ってカラッと1日晴れるなんていうのがサイコーなんですが、こればっかりは自然相手のお仕事ということでケセラセラ・・・

「自然」とのお付き合いといえば、このたび東京の「自然堂本舗」さんという営利採算度外視の自称「農家の応援団」(?勝手に名付けました)のネットショップと提携販売することになりました。

自然堂本舗(遠野のブルーベリー)

とおのブルーベリーファームをいろいろな角度からより多くの方に知ってもらえるかもしれないのでこういったつながりも楽しみになってきます。

ちなみに管理人も素顔で登場しちゃってます・・・決して店長と兄弟でも親子でも幼なじみでもありません(笑)

というわけでブルーベリー以外にも自然の恵みをたくさん取り扱っています自然堂本舗さんを宜しくお願いします。

スポンサーサイト

自然の大きさなのか、人間の小ささなのか




このたびの岩手宮城内陸地震において、被災されました方々に心からお見舞い申し上げます。

ここ、遠野でも山がうなり、大地がうねり、ちょうど畑仕事をしていた私もただならぬ空気を肌で感じました。

岩手県は広いため、幸いにも遠野は大きな被害もなく地震直後も「日常」が途切れることなく流れていました。
13年前の阪神大震災で、若かりし頃の管理人が勇んで被災地へ赴いた時のこと、約1ヶ月の支援活動から帰京する際に通り過ぎた大阪のあまりにもごく日常的な街並みに底知れない違和感を持ったことを覚えています。
戦場の隣に平和がある、死のとなりに生がある。

よく言われるのが自然の前では人間は無力なのだということです。
とても残念なことですが、それが現実なのでしょう。

でも無力な人間はいつもまたすぐに起きあがるものです。
そうやって長い年月自然と共存してきたのですから。
一日も早い復興をお祈り致します。

表彰状?

08-6-11.jpg

ブルーベリー畑はすっかり花も落ちて、これから実を一気に膨らませる時期になりました。
やはり春が暖かかったせいか、例年よりも早めに実が付く見込みで、7月上旬頃にはおいしいブルーベリーを皆さんにお届けできる予定です。

とは言ってももう関東方面は収穫が始まっているようで、「選果器早く作って~」という問い合わせに製作者もてんやわんやです。

さてさて↑の写真、何やら豪華な表彰状!・・・

というのはウソで、これ実は商標登録証なんです。

「とおのブルーベリーファーム」の名称とロゴを、なんと商標として登録しちゃいました!
なんのためって?
まぁちゃんと名称が保護されていればブランドとして確立されるしコーポレートアイデンティティとしても意識付けができるから・・・
というのは建て前で、まぁ何というか自己満足の格好ツケなんですよ実は(笑)

というわけで今後とも「とおのブルーベリーファーム(TM)」をご愛顧願いま~す!
08-6-11-2.jpg

ホーム

Home

プロフィール

tonobf

Author:tonobf
pro.jpg

とおのブルーベリーファーム



Tono Blueberry Farm




民話のふるさと岩手県遠野市で2002年からブルーベリーの栽培を始めた農園です。

2件の農家が協力して安全でおいしいものがお届けできる、愛されるブルーベリー農家を目指してがんばってます!

↓ホームページもよかったらご覧下さい
http://tono-blueberry.com/


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。